まずはお肌をきれいに

乾燥肌の洗顔方法

洗顔は朝と夜に行う方が多いと思います。お手入れの基本は、すこしずつ肌へ溜まっていく汚れをしっかりと落とし、清潔でクリアな素肌にしてあげる事。余計な物が肌へ残ったままになると、化粧水や乳液など、本来潤いを補充するためのスキンケア製品の浸透がしにくくなり、乾燥の原因になってしまうこともあります。

だからといって、洗浄力の高い洗顔フォームを使用したり、熱いお湯や冷たい水での洗顔はご法度です。ごしごしこすればいいというものでもありません。お肌にとって一番良くないことは、「刺激」と「摩擦」です。「洗いすぎ」や「こすりすぎ」は乾燥肌の最大の原因になってしまいます。
髪が肌にあたっただけでなんだか痛い、洗った後にヒリヒリする…そんな乾燥がひどい時は、洗顔は夜だけにして、朝は水またはぬるま湯ですすぐ程度でも大丈夫なくらいです。冷たすぎる水や熱いお湯は、肌の角質層にダメージを与えてしまので、35度くらいの「ぬるま湯」で洗顔するのが、肌にとって一番刺激が少なく洗顔することができます。
また、クレンジングや洗顔料は刺激が強いものも多くあります。洗浄力が強いと、多少なりとも、バリアのようにお肌を守る役割の、皮脂膜や角質層の細胞間脂質が洗い流されてしまい、お肌が無防備な状態になってしまいます。使うのであれば、刺激のすく、脂を落とす力が弱い、マイルドな洗顔料をお勧めします。

正しい洗顔で、肌の美と健康を守ることはとても重要です。
意外とちゃんとした洗顔ができない人も多いので、普段行っているエステなどで、プロからちゃんと指導してもらいましょう。

私おすすめの志木のフェイシャルエステサロンのフルールではカウンセリングからアフターケアまでばっちりですよ!

SNSでもご購読できます。